自由診療について - 包茎手術で評判のABCクリニックとは?

自由診療について

ABCクリニックは自由診療の専門クリニックです。
今回はABCクリニックを利用する前に知っておきたい、自由診療についての詳細を解説します。

自由診療というものは、簡単に言うと「健康保険が適用されない診療」を意味しています。
なぜ健康保険が適用されないのか?
その理由は、厚生労働省が承認していない治療法や薬を使っているからです。
健康保険が適用されないということは、つまり治療費が全て自己負担ということになります。
故に自由診療というものは高額になるのです。

自由診療と同じ保険適用外の医療として先進医療が挙げられますが、両者は似て非なるものになります。
先進医療というものは、厚生労働省がいずれ保険適用にすることを検討している診療です。
病気や怪我の治療に効果や安全性が認められれば、将来的に保険診療となる可能性があります。
しかし自由診療は健康保険の適用を検討されていない診療なのです。
将来的にも保険診療になる可能性はありません。

なぜ自由診療は健康保険の適用を検討されないのか?
その理由はさまざまなですが、美容外科が健康保険の適用を検討されないのは、美容外科という分野の「目的」のためと言えるでしょう。
美容外科は基本的に、病気や怪我を治す「治療」を目的としていません。
コンプレックスの解消などのために「肉体改造」することを目的としています。
国民の大切な健康保険を個人の意思による肉体改造に適用するわけにはいかないのです。

包茎手術においても、やはり保険診療か自由診療かは重要になってきます。
医学的に包茎ではない人、つまり仮性包茎の人が手術を受ける場合は「肉体改造」になりますので、自由診療しか選択肢がありません。
しかし真性包茎、カントン包茎の場合はある種の「疾患」として扱われますので、その「治療」のために泌尿器科で保険診療を受けることも選択肢に入ります。